スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスコ・コストコ・COSTCO

img_898840_31021947_3.jpg
ちょっと違和感!
ごめんなさいハワイとは直接関係ないけど…


COSTCOは、「コストコ」ではなく「コスコ」と発音されます、英語では。
でもそれはあくまで発音の話。

二つの単語がつながったとき、子音の組み合わせによっては前の子音が消えます。
専門用語でエリージョンと言います。


ホットティー は ホッティー(ハッティー)
パートトゥー は パートゥー
ホットドッグ は ホッドッグ(ハッドッグ)
コストコ   は コスコ


ネイティブは発音しないってだけ。
コストコについてのブログを拝見すると、実際
「コスコと発音するよ~」と書かれてる英語に詳しい方はたくさんいらっしゃいます。


けどあたしがちょーっと違和感を感じるのは、
たまに
発音うんぬんではなく名前として「コストコ」は間違いで「コスコ」が正しい!
という書き方をされてる方。


まあ発音としては「コストコ」は間違いだけど、
日本語のカタカナ表記としては間違ってないんじゃないかな?

hand bag は 「ハンドバッグ」という表記は間違いで「ハンバッグ」が正しい
と言ってるようなものだなぁと。
もちろんそういう信念をお持ちで、すべてのエリージョンに対してそう表記すべきだ!
と主張されるなら全然納得できるのですが、
なぜコストコだけ…?と疑問に思って。


うまく表現できないけど、だれか同じように思った人いないですか~?(ToT)
別にそういう方を攻めたいわけじゃないけど
誰かこのもやもやした思いを共有できる人がいないかなと思って・・・



(カタカナの日本語表記が、正しい発音からずれているから、カタカナも全く聞こえる通りに表記すべきだという議論はまた別のお話。。。)




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。